【2017年2月バンコク旅行記】マンダリンオリエンタルバンコクの朝食おべんとうボックスがスゴイ!

こんにちは、武蔵です。

2017年2月に3泊4日でバンコクへ旅行に行ってきました。

その旅行記をお届けしています。

これまでの様子はこちらからどうぞ。

【2017年2月バンコク旅行記】てるみくらぶの激安ツアーで「マンダリンオリエンタルバンコク」に宿泊してきました(事前準備編)

【2017年2月バンコク旅行記】成田空港出発からバンコクスワンナプーム空港到着までの搭乗記

【2017年2月バンコク旅行記】マンダリンオリエンタルバンコクにチェックイン、お部屋のご紹介

【2017年2月バンコク旅行記】マンダリンオリエンタルバンコクの朝食をレポート

【2017年2月バンコク旅行記】マンダリンオリエンタルバンコク 誕生日のお祝いサプライズがスゴイ!

【2017年2月バンコク旅行記】マンダリンオリエンタルバンコクのフィットネスセンター(ジム)をレポート

スポンサーリンク

朝食おべんとうボックスって?

ツアー最終日、帰国便は早朝出発のチャイナエアラインでした。

出発時刻が午前8時30分なので、7時くらいまでには空港でチェックインを済ませなければなりません。

ということで空港送迎のホテルピックアップは5時30分でした。

ツアーの詳細には最終日の朝食はついていないということは明記されていたのですが、「ホテルのおべんとうがつくから最終日の朝受け取ってくださいね。」とてるみくらぶの空港ピックアップのツアコンの方に聞いていました。

おべんとう???

どうせ簡単なサンドイッチか何かだろうと思っていました。

最終日の早朝、チェックアウトしてからツアコンの方に言われたようにおべんとうを受け取りにいきました。

するとロビーの横にケーキ入れのような茶色の大きな箱がドーンと置いてありました。

金色のマンダリンオリエンタルホテルのロゴがついたこげ茶色のシックな箱、それがおべんとうだったのです。

で、でかい…。

あまりの大きさに度肝を抜かれました。

最近の結婚式の引き出物でもこんな大きなものは滅多にありません。

いったい何が入っているのか楽しみです。

でっかい朝食おべんとうボックスを持って送迎車に乗り込みます。

朝食おべんとうボックスの中身は?

空港についてまずチェックインを済ませます。

ツアコンの方が「みなさんここら辺でおべんとう食べていただきますよ。」

ということで、チェックインカウンターの後方にあるベンチに座り、いよいよおべんとうボックスの開封です。ワクワク。

中には透明のプラスチックの容器が6つ。

一つ目はハムとチーズの詰め合わせです。

数種類のハムとチーズがぎっしりと詰まっています。

二つ目はクロワッサンがひとつ。

三つめはサーモンと薄く焼いた卵のサンドイッチ。

四つ目もサンドイッチです。中身がよくわかりません。タイっぽい香辛料やハーブの香りがする珍しいサンドイッチでした。

五つ目はビン詰めのジャムが2種類とバター。

六つ目は5種類のカットした果物が詰まってます。

それにクラッカーが2種類。

飲み物は3種類のパック。牛乳、オレンジジュース、チョコレートミルクです。

更に、ビン詰めのヨーグルト。

これは朝食ビュッフェで食べたホテル自家製のヨーグルトですね。

そしてミネラルウォーターのペットボトルが1本。

さすがにこの量をいっぺんには食べられません。

液体物は機内持ち込みができないので、とりあえず飲み物とヨーグルト、それからサンドイッチ一つだけベンチで食べることにしました。

残りは機内持ち込みしてあとで食べることに。

さすが太っ腹!

一流老舗ホテルはやることが違うなあと最後の最後まで感激でした。

ちなみに空港送迎で同じ車だったペニンシュラホテルでは何もでなかったそうです。

同じ一流ホテルでも格の違いなのでしょうか。

1ランク上のサービスに大満足でした。

スポンサーリンク

フォローする