【介護】高齢者寝具クリーニング利用券を使っています【自治体のサービス】

こんにちは、武蔵です。

今日は父の介護で利用している自治体のサービス「高齢者寝具クリーニング利用券」をご紹介したいと思います。

最近は夜間紙おむつをしていても、小さめのパッドだと尿が漏れてパジャマやシーツが濡れることが多くなりました。

こうなるとシーツだけではなく、布団やベッドに付随するマットレスまで浸み込んでしまい、大変なことになってしまいます。

シーツや毛布を毎日洗濯するのは大変で、何日も置いておくと臭くなるので処置に困りますよね。

マットレスはレンタルしているので、業者がすぐ取り換えに来てくれるから何とかなっています。

そこで自治体の冊子を見るとありました!

高齢者寝具クリーニング利用券というものをを発行してくれるんです。

早速申請書を記入して郵送すると、約一か月で許可がでました。

クリーニング利用券は年度ごとに発券されて12枚分使用できるようになっています。

品目と枚数はこんな感じです。

  品目 利用券の枚数
シーツ 1枚
毛布 2枚
タオルケット 1枚
寝巻 1枚
布団カバー 1枚
ベッドパット 2枚
肌掛け 2枚

この利用券の支給対象は65歳以上で要介護3~5の方。

利用券1枚につき50円の自己負担となっています。

集配は別途200円かかります。

利用券と同時にクリーニング店の協力店名簿が届くので、住所から近所の集配可能なお店を選びました。

電話をすると比較的早く来て集配してくれて、集配費用をおまけしてくれたり、枚数も負けてくれたりと感じの良いクリーニング店で助かっています。

季節の変わり目などにお願いすればビニールに包んだ状態で収納できるので気持ちよく次の季節でも使えていますよ。

寝具の洗濯って手間がかかりコストもかかるのでこの利用券は非常に助っています。

それから、自治体のサービスの冊子を見ていて興味をひかれたのは「自動便尿処理機」というものです。

いったいどのようなものなんでしょうね?

掃除機のように尿や便を吸い取ってくれるのでしょうか?

もし使うチャンスがあればこちらでレポートしたいと思います。

皆さんも自治体が提供しているサービスをチェックして、是非利用してみてくださいね。

では、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする