【2019年】横浜グランドインターコンチネンタルホテル宿泊レポート 部屋と朝食レビュー

先日、ホテル予約サイト「一休.com」から2000円分のクーポンプレゼントのメールが届きました。

これを利用して、横浜の「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」に宿泊してきましたのでレポートしたいと思います。

わたしは東京在住なのですが、だいたい年に3回から4回くらいは横浜1泊のプチ旅行をしています。

やることはいつも決まっていて、中華街でおいしい中華を食べて、横浜の山下公園のあたりからみなとみらいのホテルまでゆっくり散歩。ちょっといいホテルに宿泊してゆっくり過ごすというパターンです。

お手軽に旅行気分、非日常感が味わえますし、横浜のホテルは都内に比べて価格設定もお安めなのでコスパ的にも満足感がありおすすめですよ。

それではレポートをどうぞ!

スポンサーリンク

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの部屋・アメニティーのレビュー

こちらがホテルの外観。港町に相応しいヨットの帆をモチーフにしており、遠方からも、また近づいても存在感があり、まさに横浜の象徴的存在ですね。シドニーのオペラ劇場に匹敵するのではないかと思います。ちょっと言い過ぎ?(笑)

ロビーに入るとテーブルには大きなフラワーアレンジメントが。

ヨーロッパの宮殿のようならせん階段がシンメトリーに配置され、吹き抜けのゴージャスな大空間が迎えてくれました。

チェックインはほぼ待つことなくスムーズでした。フロントの方の対応も笑顔で丁寧。好印象です。

キーを受け取り部屋へ向かいます。

キーはかざすタイプのカードキーになっています。

長い廊下を進んで部屋に向かいます。

部屋に入るとこんな感じ。

今回予約した部屋はスーペリアツインのシティビュー。禁煙の部屋です。

38平米あるので窮屈感はありませんでした。

部屋からの眺めはこんな感じです。

ちょうど夕暮れ時でオレンジ色の太陽がとてもきれいでした。

特徴的なのは窓枠の下がクッションベンチになっており、ここに座ってゆっくり景色を眺めることができます。これは最高です。

クローゼットにはバスローブとスリッパ。そして金庫も。

コーヒーや紅茶、緑茶のティーバッグが用意されています。

ランプは船のデザイン。港町横浜らしくて素敵ですね。

水回りもご案内しますね。

お風呂は足を伸ばしてゆったりつかれますよ。

アメニティはこんな感じ。シャンプー、バス&ボディジェル、ボディローションの3種です。

サンフランシスコのAGRARIAというブランドのものでした。レモンバーベナの香り。とてもいい香りでしたよ。

バスソルトはブルーでした。海をイメージしているのかな?

独立したシャワーブースもあります。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの朝食ビュッフェをレビュー

チェックインのときに受け取った朝食券です。

朝食は1階のオーシャンテラスでの和洋食ビュッフェか4階のなだ万での和定食のどちらか1つを選ぶかたちです。

朝食の提供時間はそれぞれ、6:30から10:00、7:00から10:00となっています。

今回はオーシャンテラスのビュッフェに行くことにしました。

こちらがオーシャンテラス。ゴージャスですね。

店内は天井が高く広々しており、大きな窓から朝の太陽が差し込んでいて開放感があります。

わたしが朝食に行ったのは8時半くらいでしたが、割と空いていてゆったりできました。

ではビュッフェの様子を。

サラダコーナーです。レタス、ニンジンの細切り、カリフラワーに赤と緑のプチトマトなどなど。

ドレッシングは4種類くらいあったと思います。

ハム、ベーコン、ソーセージ

こちらはハムいろいろとスモークサーモンのコーナー。

ブルーチーズやカマンベールチーズなど4種のチーズ。

スクランブルエッグ

オムレツも目の前で調理してくれますよ。

バンのコーナー。こちらのクロワッサンは絶品でした。

甘いデニッシュ系のパンもいろんな種類があり目移りしてしまいます。

写真右はポップオーバーというもの。中が空洞になっています。

ナッツやドライフルーツ各種に

ヨーグルトも充実の品揃えでした。

和食のコーナー。煮物や卵焼きお浸しなどなど。

焼き魚に豆腐

お味噌汁はお好みの具材を自分でチョイス。

中華がゆもありました。お好みのトッピングを添えて。

たくさんありすぎてすべてを紹介しきれないのですが、これら以外にも豊富な料理のオンパレードです。

次にドリンクのコーナーです。

牛乳、豆乳、トマトジュースのピッチャー。

オレンジ、グレープフルーツ、アップル、やさいジュースはジュースサーバーからいただけます。

コーヒー、紅茶はテーブルでサーブしてくれますよ。

種類が多すぎてすべて制覇するのは不可能なのですが、こんな感じで食べたいものを思いっきり満喫してきました。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのビューラウンジでハッピーアワー

帰りがけのエレベーターの中で案内を目にしたのですが、ホテル内の31階にあるビューラウンジではハッピーアワーをやっているそうです。

時間は17:00から20:00の間(土日、祝日は16:30~)、

ビール、ノンアルコールビール、スパークリングワイン、赤白グラスワイン、ウィスキー、カクテルが1杯800円になるとのこと。

31階のビューラウンジから夕暮れのトワイライトを眺めつつ、この料金でお酒が飲めるなんて、コスパ最高ですね。

今回は残念ながら行けなかったので、次回は是非リベンジしたいです。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの感想・評価

結論を申し上げれば非常に満足。リピありですね。

チェックインしてからチェックアウトまでほぼ不快な思いもせずホテルステイを楽しむことができました。朝食もさすが1流ホテルのクオリティで満足度が高いです。

敢えて残念な展を挙げるとすれば、無料のペットボトルの水が付いてなかったことと、ベッドサイドに電源がなくてスマホの充電に多少不便だったことくらいです。

次回余裕があればクラブルームに滞在してみたいですね。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの場所・アクセスは?

■横浜高速鉄道 みなとみらい線 みなとみらい駅より徒歩約5分
JR、市営地下鉄桜木町駅より徒歩約10分。市営バス57系統、141系統、100円バス(休日のみ運行)にてパシフィコ横浜下車。(桜木町駅よりバスで約5分)

■横浜駅より車で約12分。横浜駅東口シーバス乗り場(そごう2階かもめ歩道橋下)よりシーバス(船)で約10分。

■新幹線新横浜駅より車で約30分。首都高速横羽線みなとみらいランプより約2分。 第三京浜多摩川I.C.から首都高速道路経由で約25分。

■羽田空港より車で約20分。成田空港よりJR成田エクスプレス(成田空港~横浜)で約84分、車で約90分。(成田空港からリムジンバスも運行されています。)

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの予約は?

今回はわたしは一休.comで予約をしましたが、主要な旅行予約サイトならどこでも予約できますよ。

普段ご自分が予約しているサイトで予約するのがよいと思います。ポイントが貯まりますしね。

また、普段利用している予約サイトに空室がなくても、別のサイトでは空室がある場合もあるので、複数サイトをチェックしてみるのをおすすめします。

スポンサーリンク

フォローする