【2017年2月バンコク旅行記】バンコクスワンナプーム空港出発から成田空港到着までの搭乗記

こんにちは、武蔵です。

2017年2月に3泊4日でバンコクへ旅行に行ってきました。

その旅行記をお届けしています。

これまでの様子はこちらからどうぞ。

【2017年2月バンコク旅行記】てるみくらぶの激安ツアーで「マンダリンオリエンタルバンコク」に宿泊してきました(事前準備編)

【2017年2月バンコク旅行記】成田空港出発からバンコクスワンナプーム空港到着までの搭乗記

【2017年2月バンコク旅行記】マンダリンオリエンタルバンコクにチェックイン、お部屋のご紹介

【2017年2月バンコク旅行記】マンダリンオリエンタルバンコクの朝食をレポート

【2017年2月バンコク旅行記】マンダリンオリエンタルバンコク 誕生日のお祝いサプライズがスゴイ!

【2017年2月バンコク旅行記】マンダリンオリエンタルバンコクのフィットネスセンター(ジム)をレポート

【2017年2月バンコク旅行記】マンダリンオリエンタルバンコクの朝食おべんとうボックスがスゴイ!

スポンサーリンク

スワンナプーム空港を出発

マンダリンオリエンタルバンコクの大きなおべんとうボックスから食べきれない食べ物をリュックサックに詰め終わったら、出国手続きです。

(おべんとうボックスについてはこちらの記事をご覧ください。)

出国ゲートを抜けるとそこにはすでにかなりの人。

30分以上はかかりそうな雰囲気です。

私の順番まであと2組ってところで、前に並んでいた中国人のファミリーが出国書類に記載不備があったようでかなり時間がかかっています。

なんで並んでる間にちゃんとチェックしないんでしょうねー。イライラ。

ようやく出国手続きを終え、搭乗ゲートに急ぎます。

搭乗ゲートはGでした。

チャイナエアラインのイケメンさんと美女がゲートでお出迎え。

チャイナエアラインの機内食 CI-838(バンコク→台北)

バンコクから台北までのフライトはCI-838。飛行時間は3時間30分です。

帰りのフライトも来るときと同様ほぼ満席。

このフライトの機内食はこんな感じでした。

私はポークを選択。

レッドカレーですね。ほうれん草とニンジンのソテーが添えてあります。

あとはサラダとココナッツミルク味の寒天デザート、カットフルーツです。

先ほど空港でサンドウィッチを食べたばかりであまりお腹がすいていませんでしたが、なかなかおいしかったのでパン以外はぺろりと平らげてしまいました。

連れはチキンを選択。

玉ねぎのフライと酢豚のような味付けのチキンでした。

こちらもなかなか美味。

機内食を食べおわり、機内エンタメで映画でもみようなぁと...。

気が付いたら着陸30分くらい前でした。

今朝は5時前起きだったので、いつの間にか寝てしまったようです。

台湾桃園国際空港で乗り継ぎ、そして成田へ

桃園空港についたら成田行きのCI18の出発ゲートに向かいます。

途中でインフォメーションカウンターがあったので出発ゲートに変更がないか念のため確認。

来るときの便ではゲートの変更がありましたが、今回のフライトでは変更なしでした。

「搭乗ゲートはスカイトレインでターミナル2に行ってくださいね」と案内されました。

言われたとおりにスカイトレインに乗り込みます。

ものの3分ほどでターミナル2に到着。

無事に搭乗ゲートに到着。

搭乗時刻まで30分ほど時間があったので、ここでマンダリンオリエンタルバンコクの朝食おべんとうをいただきました。

なんか食べてばっかりですね。

このあとも機内食を食べるっていうのに。(笑)

チャイナエアラインの機内食 CI-18(台北→成田)

台北から成田までのフライトはCI18。飛行時間は2時間30分。

成田から台北に来るときに4時間以上かかっていたのに、ずいぶん短い飛行時間ですよね。

気流の関係なのでしょうか。

搭乗時刻になったので飛行機に乗り込みます。

おっ、なんか新しい!

機内がきれいです。新しい機材のようです。

画面も大きい!

しかも画質もよさそうです。南の島の風景がきれいに映っています。

これなら映画が楽しめそうです。

機内食の時間です。今回の旅行で4回目のご紹介になりますね。

今回はポークを選択。

吉野家の豚丼風の味付けでした。おいしかったです。

あとはハムサラダとカットフルーツです。

せっかくきれいな座席モニターでしたが、こちらのフライトでも爆睡。

結局機内エンタメは楽しめませんでした。

チャイナエアラインを利用してみての感想

これまでバンコクに行くときにはいつも直行便を利用していました。

JALやタイ航空、LCCならばエアアジアやスクートなど、東京からバンコクまでの直行便はたくさん飛んでいますので、わざわざ経由便を使う機会がありませんでした。

今回てるみくらぶのツアーで初めて台北経由のチャイナエアラインを利用したわけですが…。

感想としては悪くないですね。

直行便だと飛行時間は6時間強ありますが、経由便ならば3時間くらいのフライトを2回乗ることになります。

途中で一旦休憩をはさむことになりますので、体への負担も少ないような気がします。

エコノミークラス症候群にもなりにくいのではないでしょうか。

しかもチャイナエアラインの場合は乗り継ぎ時間が1時間半くらいなのでちょうどいいですね。

到着時間が直行便とそれぼど大きく変わらないのは魅力的だと思いました。

機内食も今回4回もいただきましたが、どれもおいしかったですよ。

CAさんたちもテキパキ動いていて良いサービスを提供していると思いました。

リピートしてもいいかなと思えるフライトでした。

スポンサーリンク

フォローする